飾りを表現するコツ 
 
飾りのコツ トップに戻る

アクセサリーを使ってみる   
自分自身が気に入って購入したアクセサリー。そんなお気に入りのアクセサリーを飾ってみませんか?また、今はもう身につけなくなったアクセサリーはどこかに眠っていませんか?手持ちのアクセサリーを上手に使って飾りを作ってみるのも素敵です。指輪、イヤリング、ピアス、ネックレス、ブレスレット、髪飾り、スカーフ止め、ピンブローチなどなど。。。いろいろなアクセサリーを使ってみましょう。アクセサリーの素材には、ゴールドやプラチナ、シルバー、石などキラキラと輝く素材が多いですよね。それを活かした方法として、例えばゴールドのような輝きのあるものを飾りに使うとゴージャス感が出ますし、パールのような淡い色合い、上品な光沢感のあるものを使うとエレガントな雰囲気の飾りが作れます。大ぶりのアクセサリーにするか小ぶりのアクセサリーにするかでも雰囲気が変わってきます。
 
 
管理人の手持ちのアクセサリーをいろいろ使って飾りを作ってみました。
上の画像は、左画像の飾りに使用したブレスレットとネックレスです。空きびんに包んだハンカチを固定するためにブレスレットを使っています。 
 
 
 
   


  海で拾ってきた貝殻を置いて夏のイメージで作ってみました。      
  髪飾りで空きびんに包んだ布を止めています。シルバーの指輪とガラスの指輪も散らしてみました。
   
   
   
   
   
   
   
     


  ジューンブライドをイメージして作った飾りです。雰囲気がでるようにパールのネックレス、イヤリング、ピンブローチを飾ってみました。   白いポンポンがついたブラウン系のビーズネックレスをつけてみました。
       


シュシュを使っています。 ネックレスを使っています。 ネックレスを使っています。 細身のベルトを巻いています。

このように、手持ちのアクセサリーを取り入れて素敵に飾ることもできます。
手持ちの「アクセサリー」と安価な造花で作るアレンジでした。


inserted by FC2 system