gallery
玄関を飾る

その家の顔でもある玄関、 みなさんはどのように飾っていますか?ここでは、miko家の「玄関の飾り」の画像を公開しています。
安価なインテリア小物と、家の中にあるいろいろなものを使って ちょっとだけ工夫をすれば素敵な玄関に変身です!

トップページに戻る

2013 
≪お知らせ≫

大変申し訳ございませんが、「玄関を飾る」は
2013年7月のアレンジをもって終了とさせていただきました。長い間ありがとうございました。
No.69 7月 No.68 6月 No.67 5月 No.66 4月
 
失敗してしまった手作りのバッグを空き瓶に巻いてみました。バッグの内布の鮮やかなブルーを表側に出してアクセントにしました。敷物は色紙をカットし作ったもの。
空き瓶にヘアアクセサリーのシュシュをつけて花瓶に仕上げてみました。光沢やラメが入っていることで上品な雰囲気に仕上がっています。敷物は白いお皿。
空き瓶に、手持ちの巾着袋をかぶせて花瓶に見立てました。
5枚入りで売っていたラッピングバッグ。贈り物用に使用して、あまっていたものを飾りに再利用してみました。
 2013 2012 
No.65 3月 No.64 1月 No.63 12月 No.62 11月
手作りのトートバッグが古くなってしまったので処分する前に玄関の飾りに使ってみました。トートバッグの持ち手の部分を上手く利用してバスケット風の花瓶に仕上げました。
≪お知らせ≫

2月の玄関の飾りは諸事情によりお休み致しました。
申し訳ございません
空き瓶にちりめんの風呂敷を巻き、口の部分は緑の細いひもでしばってみました。敷物は黒色のベロアを使い、高級感を出しました。
今年のクリスマスツリーは、パステルブルーをメインに、ホワイトやシルバーを使った優しい雰囲気の飾りに仕上げました。敷物は白いお皿です。
空き瓶に、手持ちのストライプ柄のマフラーを巻いてピンブローチでとめてみました。マフラーの裾のフリンジの部分も生かしてみました。
2012 
No.61 10月 No.60 9月 No.59 8月 No.58 7月 No.57 6月
輸入菓子の空き箱を花瓶にしてみました。空き箱には、タンスの中で眠っていた革の細身のベルトを巻きつけてお洒落な雰囲気に仕上げました。敷物は、梱包用のダンボール(内側の波うっている部分を使用)と色紙を丸くカットしたものを重ねて使っています。
ミニすだれを空き瓶に巻きつけ、コスモスを飾ってみました。すだれを縦ではなく横に巻いたのがポイント。和の飾りつけです。
処分するボーダーのTシャツをカットして空き瓶に巻き、白の丸ひもでしばってみました。ボーダーを縦にしてストライプとして使用。全体に元気カラーを使った夏をイメージした飾りつけです。
あずき色の渋い雰囲気のある湯飲み茶碗3個を重ねて花瓶に見立て、朝顔の造花を飾ってみました。敷物には丸いミニすのこを使って和の飾りに仕上げてみました。
花瓶には、空き瓶に黒色の張り替え用の網戸を巻いてみました。黒色のお皿にレースペーパーを敷き全体をモノトーンで仕上げました。花瓶の部分が網目状になっているため透け感があり、見た目は重たい感じがなく涼しげな印象です。
2012 
No.56 5月 No.55 4月 No.54 3月 No.53 2月 No.52 1月
ハンドメイドで使用した材料の余ったものを集めて作った飾り。水玉柄の生地、少しだけ残ったトーションレースや綿テープ、バッグの持ち手に使う合皮のテープなどを組み合わせて作りました。
花瓶には今までキッチンで使っていた処分する予定のカフェカーテンを使ってみました。空き瓶にカフェカーテンをくるくる巻いてサーモンピンクのレースリボンでとめてみました。色合いがとても優しく春のふんわりした暖かさにピッタリの飾り。
ハンドメイドで使った水玉柄の余り布とレースペーパーを空き瓶に巻いてみました。花瓶の下にもレースペーパーを敷きました。ホワイト×グリーンが爽やかな春の飾り♪
手作りのバッグをリメイクして花瓶に使ってみました。花瓶の黒色の部分はベロア素材なので高級感があります。
花瓶には、お気に入りのちりめんの風呂敷を使ってみました。花瓶の敷物には金色の扇子を敷いて、お正月を意識した飾りに仕上げました。
2011 
No.51 12月 No.50 11月 No.49 10月 No.48 9月
全て手持ちのもので作りました。今年のカラーはレッド×ホワイト。今年は震災をはじめ、いろいろな出来事があった私。来年は元気な年になれば良いなぁと思い、願いを込めて元気カラーの赤を使ってみました。
花瓶には空き瓶にちりめんの風呂敷を巻いたものを使ってみました.。風呂敷のうさぎさん柄を前面に出し生かしました。「深まる秋」をイメージして色づいた葉やもみじの造花を飾ってみました。
去年、知人からハロウィンの入れ物に入ったお菓子の詰め合わせを頂きました。入れ物が可愛かったので、今年の玄関の飾りに使ってみました。造花は、ハロウィンの雰囲気を出す為、紫色の花と黒のチェック柄のランチョンマットを敷いてみました。
花瓶には今年のバレンタインデーの時に手作りチョコレートのラッピングに使用した紙製のバッグを使ってみました。そこにブラウンのレーステープを貼って上品でシックな感じに仕上げました。造花は手持ちのもので、秋らしいものを集めてみました。
2011 
No.47 8月 No.46 7月 No.45 6月 No.44 5月 No.43 4月
主人が山形旅行のときにお土産に購入した「手ぬぐい」を花瓶に使ってみました。手ぬぐいを空き瓶にぐるりと巻いて白い太目のひもでキュッと結んでみました。手ぬぐいの柄を生かした、ちょっと渋めのアレンジ。
10年くらい前に購入した鮮やかなピンクのミニバッグを花瓶に使用しました。バッグを折りたたんで形を作り、その上に造花をのせました。
英字柄のワックスペーパーと紙袋をカットしたものを合わせてガラスのコップに巻いてみました。紙袋の取っ手の部分を切り取ってひも状にし、花瓶に巻いてアクセントにしてみました。ナチュラルな感じに仕上げました。
2011  2010 
≪お知らせ≫

3月の玄関の飾りは 諸事情により お休み致しました。
申し訳ございません
   
  No.42 2月 No.41 1月 No.40 12月 No.39 11月
花瓶にはライトブルーの水玉柄のふきん(新品)を使ってみました。ニットふきんというもので、とても柔らかく手触りが良いです。ふんわり暖かい春をイメージして、全体をパステル調にし、明るく優しい印象に仕上げました。
花瓶には、厚手でしっかりした素材のストライプ柄の紙袋をカットして巻いてみました。花瓶の下のほうに巻いたゴールドのリボンとゴールドリボンの敷物は12月の飾りの使い回しです。
今年のクリスマス・ツリーはシックで大人な感じをイメージして作りました。パープル×グリーンにゴールド、敷物にはブラックを使って落ち着いた印象のツリーに仕上げました。
花瓶には新品のタオルを使いました。このタオルは表面がなめらかで毛羽立ちがないもの、フワッとしていて暖かみのある印象です。鮮やかなオレンジ色のタオルに巻いたのは黒のファスナー。以前、小物を作ったときにあまっていた物です。
2010 
         
No.38 10月 No.37 9月 No.36 8月 No.35 7月 No.34 6月
お気に入りの輸入菓子の空き箱を花瓶にしてみました。空き箱二つを適当な大きさに切って貼り付け、上の切り口部分を隠すため赤のラメ入りリボンをつけました。
お中元に頂いたゼリーの空き箱を額に見立てました。中にはパープル×チェック柄の生地をしいてコスモスを。見えにくいのですが造花と布は透明のケースで上から押さえています。仕上げにレースのリボンをつけてみました。
家にあった「空」のポストカードを3枚組み合わせて花瓶を作ってみました。
私の誕生日に家族からもらったプレゼントの包装紙を使ってみました。水色×水玉の包装紙を空き瓶に巻いて、レース素材で出来た円形のお菓子の布で包んでみました。
空き瓶に半透明でツヤのあるパープルの包装紙をまいてみました。花瓶のアクセントに手持ちの7連ダイヤのネックレスをつけ上品な感じにまとめてみました。清楚なユリの花を飾ってみました。
2010 
         
No.33 5月 No.32 4月 No.31 3月 No.30 2月 No.29 1月
お気に入りのオランダの輸入菓子の空き缶を使ってみました。オランダの風車などが描かれている缶にチューリップを合わせました。敷物にも黒を使って赤やオレンジ色中心の飾りをアクセントの黒が引き締めます。
花瓶にはハギレを使ってみました。手作りしたコースター&ランチョンマットの余った生地です。素材は綿麻混なので爽やかな印象の飾りが出来ました。空き缶に生地をクルクルッと巻いて手持ちのヘアアクセサリーでとめました。
以前、手作りしたランチョンマットとコースターを花瓶に使ってみました。ホワイト×オレンジのチェック柄で可愛らしく仕上げました。
花瓶にキャミソールを使ってみました。白とベージュの2種類を使用しています。2枚を重ねて空き瓶に巻きました。画像では見えにくいのですが花瓶の上のほうにキャミソールの裾のレースがくるようにしました。レースが素敵だったので活かしてみました。
花瓶に使用したのは去年限定発売した福寿園の「伊右衛門 秋の茶会」の空き瓶と紙袋。ついてきた紙袋の和柄がとても素敵だったので花瓶に使ってみました。お正月なので金の扇子も飾ってオメデタイ雰囲気をだしました。
2009 
 
≪お知らせ≫

11月の玄関の飾りは諸事情によりお休み致しました。
申し訳ございません
     
No.28 12月   No.27 10月 No.26 9月 No.25 8月
全て家にあるもので作りました。あまり沢山の色を使わず、ブルー×パープルを中心としたカラーコーディネートで統一感をだしました。ゴールド、シルバー、ラメを取り入れた華やかな雰囲気のクリスマスツリー。
 
今回、花瓶に使用したのは古くなったボーダーTシャツ。処分する前に花瓶に変身させてみました。ボーダーTの袖の部分をカットし、筒状のままガラスのコップに着せました。袖についていたタグをそのまま活かしたら、お洒落な感じになりました。
ふすまの張り替えであまった紙を花瓶に見立ててみました。クルクルと丸まっているふすま紙の形をそのまま活かし、コスモスの造花をさしました。シンプルな和風アレンジ。
透明のグラスを花瓶にしたシンプルな飾り。涼やかさや爽やかさを出す為にグラスの中に水を入れその中に貝殻や葉っぱを入れてみました。水は、青い絵の具でほんのり色づけされています。
2009 
         
No.24 7月 No.23 6月 No.22 5月 No.21 4月 No.20 3月
知人から野菜を頂いた時に使われていたチェック柄の袋を再利用してみました。和風(すだれなど)と洋風のギンガムチェック柄を使った和と洋ミックスの飾りつけ。
処分予定の木のお椀を使った飾り。愛着のあってなかなか処分できずにいたお椀を玄関の飾りとして復活。大きいお椀を2個と小さいお椀をひとつ重ねたシンプルな飾りつけ。敷物はブックカバー。
手持ちの和食器を花瓶に見立て、敷物に丸いすのこを使ってみました。造花のアレンジにバーベキュー用の竹串を使っています。
空きびんに工作用の赤い色紙を巻いてみました。アクセントに黄色のリボンをつけただけのシンプルな飾り。春らしくチューリップを。
春らしいパステルカラーの飾りつけ。手持ちのフリルのタオルハンカチを花瓶に、ブックカバーを敷物に使ってみました。
2009 
         
No.19 2月 No.18 2月 No.17 1月    
和紙のブックカバーを花瓶に使いました。あまっていた毛糸でマットを編み、下に敷いてみました。
バレンタインデーをイメージ。ラッピングバッグを花瓶に見立てました。
空きびんにちりめんの布を巻き、色紙を敷いて造花をさしただけのシンプルな飾りつけ。
2008 
         
No.16 12月 No.15 11月 No.14 10月 No.13 9月 No.12 8月
ホワイトクリスマスをイメージして作りました。白い毛糸を雪に見立てました。
手持ちのちりめんの風呂敷を使いました。
美味しいスイーツが入っていた空き箱を使った飾り。
主人のTシャツをリサイクルして花瓶に使用しました。今回、花瓶にはタッパーを使用しています。
海で拾ってきた貝殻を飾ってみました。トロピカルなイメージで作りました。
2008 
         
No.11 7月 No.10 6月 No.9  5月 No.8  4月 No.7  3月
有名店のお菓子の包み紙とひもを使った和風飾り。
処分する洋服を花瓶にアレンジ、手持ちのアクセサリーを飾ってジューンブライドをイメージしました。
処分する洋服のフリルの部分を花瓶につけてみました。
空きびんに和紙を巻きつけて花瓶にしました。
梅酒の空きびんを使いました。
2008 
         
No.6  3月 No.5  2月 No.4  2月 No.3  1月  
セーターの袖をカットして丸め、お雛様ピックの台にしてみました。
空きびんに造花をさしただけのシンプルな飾り。
キッチンにあるアルミホイルでハートのオブジェを作りました。
お気に入りの手持ちのちりめんの風呂敷を使いました。
 
2007 
         
No.2 12月 No.1 11月   初めての玄関の飾り  

 
※このページは、「手作りバッグ研究室」内にあるコンテンツです。

合成皮革(合皮)・帆布を使った手作りバッグ 手作りバッグ研究室
トップ プロフィール ブログ コンセプト 作品紹介 バッグ研究室A バッグ研究室B
inserted by FC2 system